EF-S 10-18mmで子供と雪原へ

CANON EOS KISS X6i

EF-S 10-18mmで雪景色と子供

EF-S 10-18mmで撮影です。安いレンズで、とりあえず一本持っとくには、とても良い広角レンズです。

新しいだけに映りも、そこそこ良くて気に入ってます。重さも軽いので、バックに1本入れとくにも便利良いレンズです。

久住登山口の建物です。

撮影データ:1/200 F13 12mm

九重登山口の建物

 

子供が雪投げてくる所を撮影しました。

後ろの雪原や山までフレームに収まるのは、広角レンズの良いとこですね。

広角レンズは端の方に行くと歪みがでてくるので、人は真ん中あたりで撮影すると違和感でにくいです。

ずっと伸びた木道と雪景色がいい感じかな?と。

撮影データ:1/125 F9.0 10mm

九重の雪原と子供

 

広大な久住の雪山の風景とるには、広角レンズってあるとやっぱり良いなと思いました。

でも、これは18mmなので標準レンズでも行けますね^^;

撮影データ:1/160 F13.0 18mm

九重の雪山

撮影はEOS KISS X6i+EF-S 10-18mmで撮ってます。

タイトルとURLをコピーしました