GIGABYTEでAMDの仮想化機能を有効化する方法(A520I AC ITX)

バックアップ・PC関連

GIGABYTEのマザーボードでAMDの仮想化機能を有効化

Windows11でAndroidアプリを動かすためのAmazonアプリストアをインストールするには、Windows11およびマザーボードの仮想化機能が有効にしておく必要があります。

AMD RYZENに対応したGIGABYTE A520I AC ITXのマザーボードで仮想化機能(AMD Virtualization (AMD-V™))を有効にする設定方法を記載します。

BIOS画面からTweaker -> Advanced CPU Setting

GIGABYTEのマザーボードでAMDの仮想化機能を有効化、手順1

 

Advanced CPU SettingでSVM Modeを有効(enable)に設定してBIOSを保存して終了します。

GIGABYTEのマザーボードでAMDの仮想化機能を有効化、手順2

 

使用しているギガバイトのマザーボードやAMDのCPUは、以下を参照ください。

 

Windows11で仮想マシン プラットフォームを有効化

Windows11が起動したら、タスクバーの検索ボックスに「Windowsの機能」を入力し検索します。

Windowsの機能の有効化または無効化の画面で仮想マシン プラットフォームにチェックを入れOKボタンをクリックします。

Windows11で仮想マシンプラットフォームを有効化

 

Windows11でAmazonアプリストアのインストール

Windows11でAndroidアプリを動かすためのAmazonアプリストアのインストールが無事できました。

仮想化機能やメモリ等の要件が揃っていればMicrosoft StoreからAmazonアプリストアを検索してインストールするだけです。

現状では使えるアプリはかなり限られてるので、あまり使うことはないかもですね。

Windows11でAndroidアプリを動かすためのAmazonアプリストアのインストール

タイトルとURLをコピーしました