FUJIFILM対応の無料のRAW現像ソフトを比較

FUJIFILM対応の無料のRAW現像ソフト

今回試したFUJIFILMのRAWに対応している現像ソフトは以下の3本です。

・FUJIFILM X RAW STUDIO(1.7.0)

・RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX

・Capture One 12(Capture One Express Fujifilm 12)

自分の場合、今現在でX-T1、X-T20、X-A5の3台をニーズに合わせて使い分けて使っています。(X-T1はだいぶガタが着てる感じはしていますが。。)

FUJIFILM X RAW STUDIOだけは、手持ちの3機種のうち対応しているのがX-T20のみなので、X-T20のRAW現像で試してみました。

FUJIFILM X RAW STUDIOはカメラ本体の機能を使用してRAW現像していくので、USBでカメラと接続して使用する必要があります。

FUJIFILM X RAW STUDIO

Capture OneのインストールバージョンのうちExpress FUJIFILMを選択してインストールすれば無料でCapture Oneを使用できます。

全機能のうち一部のみに制約されているようですが、良く使うような機能は概ね使えます。

Capture One 12(Capture One Express Fujifilm 12)

デフォルトRAW現像で比較(犬と草原)

とりあえず、何も設定せずに、デフォルトのまま読み込ませて、そのまま現像しています。

■原画 カメラ(X-T20)で撮って出しのJPEG写真です。

カメラ(X-T20)で撮って出しのJPEG写真

■FUJIFILM X RAW STUDIO

色合い的にはカメラのjpegと大差ないような感じで、さすがカメラ本体のProcessorを使って現像かかってるので、そうなのかな?という感じです。

FUJIFILM X RAW STUDIOでRAW現像

■Capture One 12

これも良く似てますね。ほとんど違いが判りません。

Capture One 12でRAW現像

■RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX

これだけ明らかに色味が違いますね。緑が少し黄色味かかってるような感じがします。

RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIXでRAW現像

デフォルトRAW現像で比較(料理)

■原画 カメラ(X-T20)で撮って出しのJPEG写真です。

カメラ(X-T20)で撮って出しのJPEG写真

■FUJIFILM X RAW STUDIO

色合い的にはカメラのjpegと大差ないような感じです。

FUJIFILM X RAW STUDIOでRAW現像

■Capture One 12

カメラ(X-T20)で撮って出しのJPEG写真に比べると、シャドー部が暗くなっている感じです。肉自体はあまり変わらないように思います。

まーただ個人的にはこれも、純正とこっちとどっちが好きかと言われると微妙で、これもありかなと思いました。

Capture One 12でRAW現像

■RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX

お肉、葉っぱ共に彩度がないと言うか輝きがなくなった感じがします。

RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIXでRAW現像

デフォルトのまま現像することも少ないと思いますが、単純に比較した結果だと以下な感じかと思います。

X RAW STUDIO = Capture One 12 > RAW FILE CONVERTER

無料RAW現像ソフトの使い勝手について

使用しているPCは、以下のようなスペックのパソコンです。このパソコン使っての操作感やRAW現像についてです。

・CPU:Corei7-4722HQ(PassMarkのベンチマーク:8052)
・メモリ:8G(DDR3)
・グラフィック:Intel HD Graphics 4600

RAW現像速度は以下の順です。X W STUDIOがカメラのProcessorを使ってるだけあってRAW現像は早いです。

Capture One も RAW FILE CONVERTER も RAW現像自体は早くないです。

X RAW STUDIO > Capture One 12 > RAW FILE CONVERTER

現像パラメータの設定時の動作等ですが、Capture Oneは概ねAdobe Lightroom使ってる時と、それほど変わらない感じで使えます。

X RAW STUDIOは、GUIの作りが通常のRAW現像ソフトと違って、カメラの設定をしているような感じです。なので純粋にRAW現像に使うとすると物足りないし使い難いです。

RAW FILE CONVERTER (SILKYPIX)は、かなり重たいので、自分のPCのスペックでは操作が厳しい感じです。

どこに焦点あてるかにもよりますが、自分の個人的な意見と自分のPC環境では以下なCapture One 12感じです。

Capture One 12 >= X RAW STUDIO >> RAW FILE CONVERTER

未だにAdobe Lightroom6を主力で使ってますが、X-A5のRAWが扱えないので、その時はCapture One 12を使おうかなと思ってます。

シェアする

フォローする