XF 16mm F1.4 をレビュー(XF 14mmと比較)

XF 16mm F1.4 WRをX-T20に装着してレビュー

XF 16mm F1.4 WRをX-T20に装着してレビューです。コンパクトなボディーには少し大き目のレンズになりますね。

今回、短期間ですがレンタルして、レビューしてみます。

自分が持ってるXF14mm F2.8のレンズが重量235gに対して、XF16mm F1.4は重量375gなので、少しずっしりくる感じです。

XF16mmF1.4WRをX-T20に装着

XF 16mm F1.4 WRを撮影レビュー

この季節、紫陽花が綺麗に咲いてました。XF16mmの魅力は明るくボケの綺麗な写真が撮れるとこですね。

開放F1.4でも、しっかり解像している感じがします。

撮影データ:1/600秒 F1.4

XF16mmF1.4WRで紫陽花

XF16mm F1.4は最短撮影距離が15cmで最大撮影倍率0.21倍と、かなり寄れる広角レンズです。

XF14mm F2.8は最短撮影距離が18cmで最大撮影倍率0.12倍です。XF14mmでも十分寄れると思ってましたが、XF16mmは更に寄れますね。

撮影データ:1/500秒 F1.4

XF16mmF1.4WRのボケ味

ちょっと絞れば、解像感がぐっとあがりますね。単焦点のレンズですが1本で何でもこなせそうな感じです。

ただ広角レンズの2mmは結構大きいので、XF14mmも、こんな感じのシーンを撮るには良い感じなので、どっちが良いかは微妙です。

撮影データ:1/50秒 F4.0

XF16mmF1.4WRの解像感

間違って、ISO200固定なっていたので、シャッター速度がでてなかったですが、室内で料理の撮影等にも、こお明るいレンズは重宝します。

ただ広角レンズですので、寄らないと物が大きくとれないため、レンズの影が入ることの考慮は必要ですが。

撮影データ:1/15秒 F1.4

XF16mmF1.4WRで室内撮影

XF14mm F2.8とXF16mm F1.4を比較おすすめは?

今回XF16mm F1.4を使ってみて、普段使っているXF14mm F2.8と比較してみましたが、XF16mm F1.4もとっても良いレンズですね。

ただXF14mm F2.8を持ってるとXF16mm F1.4を、それほど欲しいと言う欲求がわかなかったのも事実です。

どっちかのレンズ持ってれば、個人的には満足できそうな気がします。

ただ近距離で撮った際のボケ味は、開放F値の差でXF16mmがかなりリードしていると思いますが、料理くらいを撮れるくらいにはXF14mmも寄ることができるレンズです。風景等を撮るには広角2mmワイドが撮れるXF14mmの方がレンズを使い分ける意味では良いかなと思います。

あとはXF16mmはWR付きで防塵、防滴、XF14mmはXF16mmよりコンパクトで軽量なので、そこらへんはシーンにより利便性は変わると思います。

■XF16mmの最新の価格は以下を参照してみてください。なおXF14mmの方が3万くらいお安いです。

FUJIFILM 単焦点超広角レンズ XF16mmF1.4 R WR

《新品》 FUJIFILM(フジフイルム) フジノン XF 16mm F1.4 R WR【KK9N0D18P】

■XF14mmの最新の価格は以下を参照してみてください。

FUJIFILM 単焦点超広角レンズ XF14mmF2.8 R

《新品》 FUJIFILM(フジフイルム) フジノン XF14mm F2.8 R[ Lens | 交換レンズ ]【KK9N0D18P】

シェアする

フォローする