XF 90mm F2 の購入、室内レビュー

XF 90mm F2のスペック

フジノンレンズ XF90mmF2 R LM WRをお試しで購入してみました。届いたので軽くレビューしてみます。生憎の雨模様だったので室内で軽く使ってみただけです。

重量が540gほどあるので、ずっしり感のあるレンズです。最短撮影距離は60cm、最大撮影倍率0.2倍なので、ある程度近づいてお花なども撮れそうです。

フジノンレンズ XF90mmF2 R LM WRのスペックは以下になります。

・レンズ構成:8群11枚(EDレンズ3枚)
・絞り羽根枚数:7枚(円形絞り)
・焦点距離:90mm(35mm換算:137mm)
・最短撮影距離:0.6m
・最大撮影倍率:0.2倍
・開放F値:F2
・重量:540g
・フィルター径:62mm

FUJIFILM 大口径短焦点フジノンレンズ XF90mmF2 R LM WR

XF90mmFUJIFILM

XF 90mm F2のレビュー

XF 90mmは解像度、ボケ味、周辺光量落ち等で共に隙がな各サイトの評価でも、ほぼパーフェクトに近い評価を貰っているレンズで一度使ってみたかったレンズです。画角がフルサイズで135mm相当とあって、自分の使用用途からいくとあまり出番がなさそうな感じではあったのですが、綺麗なボケ味とピントがあった部分の切れ味のある解像度から、これから秋の紅葉やコスモスなどを撮るのにも使えるかなってことで、お試しで購入してみることにしました。

お試しが室内での撮影で、手ブレ防止が付いてない中望遠レンズになるので、少々手ブレもでてるかもでが、サンプル写真をUPします。

15cmくらいのスライムタワーですが、まだ寄れますので、バラとか、ある程度のお花を撮るのも、やはり良い感じで行けそうです。

撮影データ:1/60秒 F2.0 ISO800

XF90mmFUJIFILMで室内撮り

雨が降る中、窓から手近なモミジを撮りました。右下のもみじの種?にピント合わせてます。ボケ味も光の表現もまずまずかな。もーちょっと条件が良い日に試したいですね。

撮影データ:1/1000秒 F2.0 ISO3200

XF90mmFUJIFILMでもみじ

ポートレートには最強のレンズですね。開放でもピンがあってるとこの解像感はあるし、やわらかいボケ味もとっても良いです。

撮影データ:1/60秒 F2.0 ISO2500

XF90mmFUJIFILMで犬

何とっても、ある程度、絵になる写真が取れますね。ただ室内撮りだと手ブレ防止のないレンズだけに、かなり気を使います。

今度は天気が良い日に屋外で、レビューしてみたいと思います。

撮影データ:1/250秒 F2.0 ISO6400

XF90mmFUJIFILMで犬

シェアする

フォローする