子犬を上手に撮ってみよ(XF90mm、XC50-230mmⅡ)

XF90mmで子犬を撮る

子犬を何度か撮影したので、撮影が上手になるポイントなど簡単にまとめておきます。

利用しているカメラはFUJIFILM X-T1です。2世代前のカメラなので中古だとかなりお安くなっています。

使用レンズはボケとキレの良いXF90mmと、コスパが良くて写りの良いXC50-230mmⅡを利用しました。

ある程度望遠の方が子犬だけを切り抜けて背景をボカせるので有利です。あと少々離れて遊んでても撮影できるのも良いとこです。

桜の下でノンビルしている子犬です。綺麗な桜を背景に撮影してみました。

絞り優先でF2.5で、+2/3補正しています。

XF90mmで子犬を撮る

動き回るとなかなか撮れないので、バックに入ってもらいました^^;

この子犬、とっても大人しかったので、バックでも嫌がらずじーっと入っててくれて、撮影しやすかったです。

良くあるパターンですが、何かに入って貰って撮影すると撮りやすいです。写真はバックに子供も入ってるし、もー少しプラス補正してよかったかな^^;すいません。

絞り優先でF2.8で、+2/3補正しています。

XF90mmで子犬を撮る

XC50-230mmで子犬を撮る

ドッグランで、おすわりしている子犬です。動き回って少し疲れたかな?望遠ズームレンズは子犬が動き回って時も撮りやすいです。

XC50-230mmの200mm付近で撮影してます。F5.6で+1/3で撮影してます。

XC50-230mmで子犬を撮る

AF-C(コンティニュアスAFサーボ)でゾーンAF設定で撮影しています。子犬だと被写体が小さい上に動きが予測しずらいので、AFの性能が良くないとなかなか撮れないですね。

AF-Cだシャッター半押ししている間、被写体にピントが追随します。被写体を追いかけ続けるのにゾーンAFくらいが追いやすいので、AFエリアをゾーンで設定してます。

XC50-230mmの望遠端で撮影してます。走りが早いようであれば、連写でシャッター速度優先で1/2000とかで撮影すると良いかと思います。

X-T1だとAF-Cで被写体の小さい子犬(特に今回チワワだし)だと少しキツイですね。X-T3やX-T30くらいが欲しいとこです。

XC50-230mmで子犬を撮る

とりあえず、見た時点で2.4万くらいで買えるレンズの写りじゃないと思うので、まずは一本持ってると良いかと思うレンズです。

FUJIFILM 望遠ズームレンズ XC50-230mmF4.5-6.7OISII XC50230/F4.5-6.7OISIIブラック

新品だと9万を超えるレンズですが、とても綺麗なボケとキレのあるレンズですしAFも早いです。あとは簡易マクロとしても使えます。

FUJIFILM 単焦点望遠レンズ XF90mmF2 R LM WR

現行バージョンのFUJIFILMのミラーレスならAF-Cでも良い感じかと思います。自分はお金もないので次はX-T20の中古くらいかな^^;

富士フイルム ミラーレス一眼 X-T30レンズキット ブラック X-T30LK-B

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T3レンズキット シルバー X-T3LK-S

シェアする

フォローする