Lightroom CC/Lightroom 6のパフォーマンス設定とRAW現像時間

Adobe Lightroom 6

Lightroom CC/Lightroom 6のパフォーマンス設定とRAW現像時間

Lightroom CC/Lightroom 6から、パフォーマンスタブでグラフィックプロセッサーの使用有無を設定できるようになりました。

RAWの現像時間に関連あるのかなと思い試してみることにしました。

Lightroomのパフォーマンスタブでグラフィックプロセッサーの設定

GEFORCE720MのグラフィックプロセッサーをON/OFFにして、29枚ほどの写真をRAW現像してみましたが結果どちらも同じ時間でした。

と言うことで、RAW現像にはグラフィックプロセッサーのON/OFFは関係無さそうです。

あとで調べてみると、AdobeのLightroomのヘルプに以下の記載がありました。現像モジュールでメインウィンドウのみに有効みたいですね。


現時点では、GPU アクセラレーションが機能するのは現像モジュールのみです。現像モジュール以外のコマンドや処理は GPU 処理の対象ではありません。例えば、HDR ファイルやパノラマを作成する際の複数画像の統合処理に GPU は用いられません。

GPU 処理の対象は、メインウィンドウのみです。セカンドウィンドウには適用されません。


ちなみに、前回紹介したFUJITSU FMV LIFE BOOK AH77/Uでパフォーマンスタブでグラフィックプロセッサーを有効にしておくと現像モジュールの写真部分がブルーのバッテンになって使えませんでした。念のため最新ドライバに更新もしてみましたが症状変わらずで、グラフィックプロセッサーを無効にしていれば普通に使えます。対応してないグラフィックプロセッサーだと、こういう事象になるようなこともあるみたいですね。

Adobe Photoshop Lightroom 6 日本語版 Windows/Macintosh版

タイトルとURLをコピーしました