XF16-55mm F2.8 レビュー その2(逆光特性、解像度、最短撮影距離)

FUJIFILM XF16-55mmF2.8 R LM WR

XF 16-55mm F2.8の逆光特性

XF 16-55mm F2.8のレビューの続きです。薄曇りの天気でしたが逆光特性も試してみましたが、太陽に向けて撮影しましたが良い感じですね。このレンズはフレアやゴーストは出にくいんじゃないかと思います。

XF16-55mmF2.8の逆光特性

たまたま見かけた猫ちゃんです。AFは静かで早く、ズームレンズですので画角も調整しやすかったです。望遠端の55mm側だとボケ味もまずまずでるので、使っていて使い勝手は良かったです。

撮影データ:F2.8 1/100秒

XF16-55mmF2.8で猫、ボケ味

XF 16-55mm F2.8の広角端で解像度

16mm(35mm換算24mm)で撮影です。やっぱり24mmの画角が使えるのは便利ですよね。安価に抑えるならXC16-50mmもあるので、一度そちらも試してみたいですが、XF 16-55mm F2.8は、さすがの解像度言う感じはします。

撮影データ:F5.0 1/150秒

XF16-55mmF2.8の広角端で解像度

XF 16-55mm F2.8の最短撮影距離

XF 16-55mm F2.8ですが、案外寄れますね。広角端で30cm、望遠端で40cmです。この写真は望遠端で撮影してます。

料理等でもある程度使えそうです。広角端で30cm、望遠端で40cmはXF18-55mmと同じになります。XC16-50mmIIは広角端で15cm、望遠端で35cmです。最短撮影距離だけだとXC16-50mmIIが良いですよ。(Ⅱが付いてないほうが、ココまで寄れないので注意)

撮影データ:F5.6 1/320秒

XF16-55mmF2.8の最短撮影距離

XF 16-55mm F2.8は使用感、高級感がとても良く、使っていると欲しくなるレンズでした。写りもズームレンズとしては優秀でソツなくこなすレンズですが、単焦点並の写りとまではいかないかなと言う感覚です。解像感等でXF18-55mmよりは若干良いように思うのですが値段差ほどでもなく、16mm始まりの画角と、望遠端でF2.8が使えるボケ味が優位と言う個人的な感想でした。

値段は2016/10時点でXF18-55mmが6.2万、XF16-55mmが11万、XC16-50mmIIが3.5万程度です。各標準ズームの価格差がかなりあるので、悩ましい感じですね。

FUJIFILM XFレンズ FUJINONXF18-55mm F2.8-4 R OIS 標準ズーム F XF18-55mmF2.8-4 R

FUJIFILM フジノンズームレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR

FUJIFILM フジノンズームレンズ ブラック XC1650mmF3.5-5.6OISⅡ

タイトルとURLをコピーしました